富山市 AG様邸新築工事

天気予報では、6月には珍しい台風の影響で悪天候との前情報がありましたが、 お施主様の日頃の行いが良く、幸い過ごしやすい曇り空での地鎮祭となりました。 本日、誠におめでとうございます。 祭壇には、新撰物が供えられ、お米・塩・酒・山の幸3種・海の幸3種等が 用意されました。 神の依り代となる神籬(ひもろぎ)も祀られ、神様のご神霊をお招きする準備が整いました。 神職様より、地鎮祭の式次第、流れの説明を受け、いよいよ開式の辞。 地の神を鎮め、祓い清めて、これからの工事の安全を祈願していただきます。 祝詞奏上では、澄み切った空気感が伝わりました。   土地には地縄張りがなされています。 地縄張りとは工事の着工前に建物が敷地に対してどのように建てられるかを 確認するための作業のことで、設計図を確認しながら、縄やビニールひもで 家の輪郭を地面に張って、建物の配置を示していきます。 地縄のおかげで、境界や建物の位置がはっきりと確認することができます。 地縄の中や周りを歩いてみるとイメージとしてみていた設計図の間取り、スペースが より一層、実感として把握できるかと思います。   こちらは、鎮物・・・
(続きを読む)


福知山市正明寺① 新築工事

こんにちは 福知山市正明寺にロハスの家が誕生いたします。 完成イメージは、こちらです! 大道りからは見えない中庭スペースは、ご家族の趣味に活用できるスペースです。 白色で爽やかな印象の外観に加え、吹かしの壁でメリハリのある外観になっています。     さっそく現場にやって参りました♪ こちらは着工前の土地の様子です。   着々と基礎工事まで進み、先日上棟が行われました!   「上棟」(じょうとう)とは・・・? 柱や梁などを組み立てて、屋根の一番上の部材である棟木を取り付けるときのこと。 「棟上げ(むねあげ)」「建方(たてかた)」「建前(たてまえ)」とも言う。     上棟の日は、1日で一気に柱、梁を建てて家の骨組みを完成させなければいけません。 なので、数人体制の大工が力を合わせて建てていきます。 大勢での作業はとても賑やかで活気が溢れています。   1階の柱立てからはじまり 梁部分を傷つけないように慎重にクレーンを使って組み上げていきます。 過ごしやすい気候で、順調に上棟が進んでいきます。   続いて2階・・・
(続きを読む)


中新川郡 C様邸新築工事

地鎮祭は土地が定まり着工する前に行う儀式です。 この儀式にはふたつの意味があると言われています。 ひとつは、家を建てるための土地を購入したとき、その土地に住む神様を祝い鎮め、 土地を利用させてもらう許可を得ること。 そしてもうひとつは、これからの工事の安全と家の繁栄を祈願することです。 地鎮祭は、一般的に神様に祈る儀式で依頼は神社となります。 新居を建てられる土地の氏神様を祀った敷地近辺の神社にお願いし、神職様に祝詞を あげていただきます。 (*お施主様、また地域の風習などによって、仏式もあるそうです。) 地鎮祭の日取りは、建築吉日等の縁起の良い日を選ばれるとことが多く、 土日祝の吉日は、地鎮祭が重なって神職様もお忙しい時があります。   土地の四隅に青竹を立て、その間をしめ縄で囲って祭場となします。 紅白幕がおめでたさを象徴していますね。 しめ縄についている、ひらひらした紙は紙垂(しで)と言い、雷の形を表現している説が あります。 その場所が、雷鳴がとどろくほど神聖な場所だと示しているようです。 こちらは、鎮物です。 工事の安全とこれから始まる生活の安泰を祈念するもので、 ・・・
(続きを読む)


金沢市 AC様邸新築工事

地鎮祭を終え、工事が着工いたしました♪ 丁張りをし、基礎や地下構造物をつくるため、地盤面より下の土を掘る作業“根切り”も完了です☺ そして、基礎工事が始まりました。 株式会社さくらでは、“ベタ基礎”を採用しております☆   さて、ベタ基礎とは(・・? 基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎を言います。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えてくれるのです。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなるのです(^^) 型枠の中を覗いてみましょう♪ 鉄筋コンクリートの引張強度を担っている鉄筋が組まれた状態です(^^) 一本一本の鉄筋を手作業で細い針金・結束線を用いて組み立てられているのです。この作業が完了すると、第三者機関による検査を受けます。お家を支える大切な部分ですので、丁寧かつ慎重に進められる工程なのです☆ 検査を終え、コンクリート打設を終えると、上棟・棟上げとなります☆ マイホーム建築時の一大イベント!施主様も心待ちなのではないでしょうか。   次回は、上棟の様子をお届けいたします。お楽しみ・・・
(続きを読む)


野々市市 B様邸新築工事

地鎮祭おめでとうございます! この日は生憎のお天気でしたが、施主様のお子様達は元気いっぱいで雨さえも嬉しくてしょうがないご様子でした♪ 体よりも大きい傘を持って走り回る様子は、なんとも癒されます!(^^)! さて、地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。 地鎮祭の「地」は地面の「地」、「鎮」の字にはその土地をしずめる、落ち着かせるといった意味があります。   こちらは祭壇のお写真です。 祭壇にはお酒やお米、海の幸、山の幸、野の幸などをお供えします。 今回はするめやりんご、ゴーヤやなすびなどがお供えされていました! (ちなみに食べずに撤収されます。) こちらは四方祓いの様子です。 土地の四隅と中央に切麻を撒き、土地を浄めます。 そして地鎮祭のメインイベント「地鎮の儀」が始まります♪ 施主様がお家を建てる土地で初めて草を刈る「刈初」。 施工業者が初めて土をおこす「穿初」。 最後に神主が鎮め物を納めます。 この鎮め物は工事が始まる際に、建物の中央部分にあたる土地に工事の安全を祈って鎮める大切なもので、建物完成後に暮・・・
(続きを読む)