> 現場日誌TOP

 
 

白山市 B様邸新築工事

白山市の基礎工事が完了した現場にやって参りました!

さくらでは必ず住まいを建てる前に地盤調査を行い、それぞれの地盤の地耐力を明らかにしたうえで、地盤に適した基礎づくりをしています。

基礎工事は「キソパッキング工法」という工法を採用しています。

 

「キソパッキング工法」とは・・・?

床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能を維持し、さらに土台の腐れを防いで、シロアリなどを寄せつけないという特徴があります!

 

こちらはベースコンクリートが乾いて基礎内部の立ち上がり部分の型枠が組まれた様子です。

金具のようなものは「アンカーボルト」と呼ばれ、基礎と建物の土台を繋ぐ役割を果たしています。

のちにコンクリートが打設され、型枠をばらすと基礎工事完了です♪

基礎工事が完了するといよいよ上棟です♪

現場に到着した時は小雨が降っていましたが、上棟式が始まると次第に雨が止んできました!

上棟の日は1日で建物の全貌が明らかになるので、とても見応えがありご見学される施主様も多くいらっしゃいます♪

この日も施主様ご家族が朝早くご見学にいらしてくださいました(^^♪

木材が雨に濡れるのを心配されるお客様も多いのですが、さくらでは「集成材」という強度、防火性能、断熱保湿性、吸音効果、調湿能力などに優れた木材を使用しているので安心していただけます♪

また、集成材は木材の上質な部分だけを選び何枚も重ねているので、ヒノキや杉などの無垢材に比べて1.5倍の強度を誇っています!

こちらは1階の柱を施工している様子です。

徐々にお天気も回復し、夕方になり上棟が完了する頃には念願の青空が!!

1階から屋根までの全貌が現れ、マイホームへの期待感が溢れますね。

この度は上棟おめでとうございます!

次回は木工事の状況をお伝えいたします♪