> 現場日誌TOP

 
 

金沢市割出町② 分譲住宅新築工事

上棟が完了した金沢市割出町に建設中の分譲住宅の現場にやって参りました♪

国道8号線へのアクセス抜群、金沢駅へもアクセスしやすい好立地なので、金沢で新生活を始める方にもオススメです。

全ての柱にはヒノキや杉などの無垢材に比べて1.5倍の強度のある集成材を使用しています。

集成材とは・・・?

木材の上質な部分だけを選び、それを何枚も重ねた乾燥材です。

また、単位重量あたりの強度、防火性能、断熱保湿性、吸音効果、調湿能力など優れた特性を有しております。

建物の様々なところに、構造用金物が施されています!

こちらは「火打金物」

火打金物とは、床や天井裏に使われる、水平に直交する部材の接合部・交差部がしっかりと固定されるよう、斜めにかけわたされた補強材のことです。

地震の時などに建物の角がゆがまないように、土台面、床面、梁面などに必ず入れる部材のひとつです。

続いて「筋違金物」

柱や梁で囲まれた部分に取り付けられている斜めの部材を「筋違(すじかい)」と言います。
この筋違は、地震の時や強風が吹いたときなどに建物にかかる外部からの水平な力に抵抗するための、非常に重要な部材です。
この部材が柱や梁から筋違がはずれてしまわないように接合するのが「筋違金物」です。

そして、現在現場では吹付断熱材「アイシネン」の施工が完了していました。

分譲住宅「ロハスの家」、25のコンセプトのひとつが、こちらの断熱材です。

あったら嬉しいを詰め込んだ「ロハスの家」25のコンセプト。

他にもたくさんございます。

またご紹介いたします♪