> 現場日誌TOP

 
 

かほく市 C様邸新築工事

地鎮祭、おめでとうございます♪

本日は“大安”万事に良いとされている日なのです(*^^*)

施主様ご家族・ご両家の方々にお揃いいただきました。

 

神職の方より、地鎮祭の式次第、流れの説明を受け、いよいよ開式の辞♪

お家の歴史の第一歩が踏み出されるのです(^^)

地鎮祭とは、文字通り地の神を鎮め、そして祓い清めていただきます。

そして、これからの工事の安全を祈願するための儀式で、建築工事に先立って行われます。厳かな雰囲気と共に、澄み切った空気感が伝わってきます☺

こちらは、四方祓い(しほうはらい)の様子です。

神職の方が敷地の四方を順に周り清められるのです。祭壇に供えられたお塩を四隅にまいてお祓いをします(^^)

その後、地鎮の儀に移ります。
盛砂に施主様が鎌(かま)を入れ、施工者の代表が鍬(くわ)を入れる儀式で、「エイ!エイ!エーイ!」という大きな掛け声と共に草を刈ったり、鍬を入れたりと、その真似事をするのです。※この儀式は地域性もあって、若干流れが異なるようです。

最後に、昇神の儀で神様にお帰りいただきます。

無事に地鎮祭を終えられましたこと、本当におめでとうございます。

最後は、祭壇の前でお子様を中心にご両家を含めた記念撮影をし、和やかな雰囲気となりました☆こちらは、お家が完成した後にお作りしているフォトブックに載せさせていただきます!

思い出の家作りとなりますように精一杯、サポートさせていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。