> 現場日誌TOP

 
 

かほく市 C様邸新築工事

工事用看板が設置され、基礎工事が着工した現場にまいりました♪

まず、工事着工前に、建物の正確な位置を出す作業“丁張り”を行います。

水杭・水貫・筋交い貫と言われる木材を使用し、建物の基準となる地面の高さを決めるのです!(^^)!

どんなことも“基礎が大切”と言われるように、お家でも基礎部分はとても大切です!

それは構造を問わず、建物はすべて基礎を介して地盤の上に乗っているからなのです(^^)

丁張りが終わると、“ベタ基礎”作りの始まりです。

敷地を平らにして、基礎の形に合わせて掘ったり埋めたりします☆その後、砕石を敷き、隙間をなくす作業をします(*^^*)

こちらのコンクリートは、“捨てコンクリート”と言われ、基礎や型枠の墨出しをし易くするために、そして型枠や鉄筋の受け台として打たれるものなのです♪より基礎をきれいに図面通りに新築住宅の基礎を施工するためのコンクリートです。この捨てコンクリートがないと、鉄筋を支えて間隔を確保するための部材が安定せず、建物の耐久性に影響が出る場合があるのです(^^)/

次回はどこまで進んでいるのか楽しみです♪また、ご報告いたします(^^)