> 現場日誌TOP

 
 

かほく市 C様邸新築工事

基礎工事が完了した現場にまいりました♪

上棟に向けての下準備・土台伏せが施されておりました(*^^*)

ちなみに、基礎部分と木材の間に挟まっている黒色の部材は“キソパッキン”。

床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能を維持します☆さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない理想的な自然換気工法なのです(^^)/

そして、建物本体の骨組みとなる「上棟」です。

戸建住宅工事の中でも花形工事♪上棟では応援の大工さんも加わり作業が進められるため、一日でアッと言う間に建物の全貌を見て取ることができるのです★この光景はとても圧巻!!

建物の骨組みを見ると基礎工事で見ていた頃よりもかなり大きく感じられます。

上棟を終えると、本格的な木工事が進められます(*^^*)

要所要所に見られる斜めに設置されている木材は、建物の強度を増すための“筋交い”です♪“筋交い”の数は構造計算によって算出されており、取り付ける箇所は建物のバランスを考えて決定されるのです☆

次回はどこまで進んでいるのか楽しみです♪また、ご報告いたします(^^)