> 現場日誌TOP

 
 

野々市市 B様邸新築工事

地鎮祭おめでとうございます!

この日は生憎のお天気でしたが、施主様のお子様達は元気いっぱいで雨さえも嬉しくてしょうがないご様子でした♪

体よりも大きい傘を持って走り回る様子は、なんとも癒されます!(^^)!

さて、地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

地鎮祭の「地」は地面の「地」、「鎮」の字にはその土地をしずめる、落ち着かせるといった意味があります。

 

こちらは祭壇のお写真です。

祭壇にはお酒やお米、海の幸、山の幸、野の幸などをお供えします。

今回はするめやりんご、ゴーヤやなすびなどがお供えされていました!

(ちなみに食べずに撤収されます。)

こちらは四方祓いの様子です。

土地の四隅と中央に切麻を撒き、土地を浄めます。

そして地鎮祭のメインイベント「地鎮の儀」が始まります♪

施主様がお家を建てる土地で初めて草を刈る「刈初」。

施工業者が初めて土をおこす「穿初」。

最後に神主が鎮め物を納めます。

この鎮め物は工事が始まる際に、建物の中央部分にあたる土地に工事の安全を祈って鎮める大切なもので、建物完成後に暮らすご家族に安穏と幸福をもたらすと考えられています!

これから基礎工事が始まります。

施主様ご家族のお家づくりを弊社一同、精一杯サポートさせていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。