> 現場日誌TOP

 
 

能美市 A様邸新築工事

能美市の現場にやって参りました♪

今回は基礎工事と上棟の様子をお伝えいたします!

 

さくらの基礎は「ベタ基礎」を採用しています。

ベタ基礎は壁部分だけでなく床下全体にコンクリートを打って作る基礎のことを言います。

構造の安定性が高いので、最近では木造住宅の基礎はベタ基礎を採用する事例が増えています!

 

こちらは砕石の上に防湿シートを敷き詰めた後に、基礎の外周部などにコンクリートを流し平らに均す工程の様子です。

この時に流し込むコンクリートは「捨てコン」と呼ばれ、基礎の正確な距離を測ることなどのために行う作業のため、基礎の強度には関係ないそうです!

床のベースや基礎の立ち上がり部分にコンクリートを打設するとこのようになります♪

写真は型枠をばらす作業の様子です。

コンクリートが固まり、しっかりとした基礎が出来上がっていきます。

基礎工事が完了するとついに上棟です。

上棟の日は助っ人の大工さんも来て下さり、大勢での作業になります。

お天気にも恵まれ、爽やかな空気の中で上棟式が始まります♪

施主様のお父様に一言ご挨拶をいただき、お酒と梅干しでお浄めをしたら、上棟スタートです!

息の合った連携プレーで、次々とレッカーで運び込まれる木材を組み立てていきます。

威勢の良い掛け声が響き渡って、とても活気があり圧倒されます♪

上棟はわずか1日で建物の全貌が明らかになるので、住宅工事の中でも特に見ごたえのあるメインイベントです!

夕方には無事に上棟が完了しました!

おめでとうございます(^^♪

今回ご依頼いただきましたプランは、さくらで大人気の2020年基準の家「五大陸」。

環境に優しく快適に過ごして頂ける、高性能で省エネのお家です!

これから木工事が始まります。

またご報告いたします(^^)/