HOME >> ポイント >> 価格ポイント

価格ポイント
 

       
  目標について    
  株式会社さくらは、

・子育て世代でも手の届く価格で、
・最先端の高性能住宅を広める

ことが目標です。
そのために、

コストを下げながら、住宅の質を高める。

という難しいチャレンジを続けてきました。

その結果、大手メーカーと同等以上の建物を、
約30%も安い建築費で建てられる仕組みを開発することができました。

このページでは、なぜ株式会社さくらの家が、
「高品質なのに低価格なのか?」を徹底的に解説したいと思います。

・・・その前に、予備知識として皆さまに
ショッキングな事実をお話ししなければなりません。

 
       
       
  あなたの建築費はどこへ行った?    
 

皆さんが家を建てる時には、
自己資金か住宅ローンによる「建築費」が必要となります。

1,000万円? 2,000万円? 3,000万円?

住宅の仕様によって額は変わりますが、いずれにしても
ほとんどの方にとっては、人生で一番大きな買い物だろうと思います。

ところが、大手ハウスメーカーで家を建てた場合、

1,000万円のおウチなら、約350万円
2,000万円のおウチなら、約700万円
3,000万円のおウチなら、約1,050万円

…つまり【35%】ものお金が、
あなたの家の建築以外に使われていることをご存知でしょうか?

みなさんの大切な住宅資金のうち、
実際の建築に必要な割合は大手ハウスメーカーでは
全体の65%に留まります。

残りの35%は、
テレビコマーシャルで有名なタレントを起用したり、
豪華なパンフレットや粗品を用意したり、
営業マンの高額な給料を払ったりする、
会社の「管理費」などにあてられるのです。

 
     
  「あなたの住宅資金」は「次のお客を呼ぶ費用」に使われている。  
       
  残念ながら、これが大手ハウスメーカーの現状なのです。    
       
       
  株式会社さくらの取り組み    
 

私たちは、まずこの「無駄」を排除する取り組みを徹底的に行ないました。

   
  ■1.常設モデルハウスを持たない    
  ●●ハウジングセンターなどの名称で知られる「総合住宅展示場」。
たくさんのメーカーのモデルハウスが並んでいますが、
実はあのモデルハウスの維持だけで年間何千万という経費が必要になります。
株式会社さくらでは、常設モデルハウスを持たないことで、
余計な経費をかけないようにしています。
 
       
  ■2.広告宣伝は手づくりで行なう    
  今ご覧いただいているホームページをはじめ、
私たちのチラシや資料は、ほとんどが社員の手作りです。
大手ハウスメーカーのように有名なタレントを起用することも、
豪華なパンフレットを作ることもしていません。
虚飾せず、ありのままの私たちをお伝えすることで、
ムダな広告宣伝費と販促経費を大幅にカットしています。
 
     
  ■3.本社ビルや余剰社員は持たない    
  都会の一等地にドンと本社ビルがあればイメージ的にも格好が良いのですが、
これも固定資産税をはじめとして、莫大な維持管理費が必要になります。
また、不必要な余剰社員を抱えることで経営を圧迫し、
引いてはお客さまの建築費に跳ね返ってくることになります。
株式会社さくらは本社ビルも余社員も持たず、
等身大の健全経営をモットーとしています。
 
       
       
  株式会社さくらの実際の建築費は?    
 

これらの結果として、大手ハウスメーカーでは
わずか65%だった「実際の建築費」を、
株式会社さくらでは95%まで引き上げることに成功しました。
お客さまの資金をより効果的に住宅建築に充足することにより、
低コストで高品質な家づくりが可能になりました。。

 
       
       
  技術的なコスト削減努力    
 

他にも、家を建てる実際の流れの中で、徹底的な「ムダ省き」を行いつつ、
住宅のクオリティーを上げる工夫をしています。

   
       
  ■革新的な流通コストの大幅カット    
 

歴史の古い建築業界は、昔から多くの
流通業者が間に入っていました。
間に入る業者の数が増えれば増えるほど
コストが上がってしまいます。
私たちは必要のない流通経路を
カットするかわりにメーカーと
直接取引をするルートを開拓。
大幅なコストダウンに成功しました。

 
     
  ■施工エリアを限定    
 

株式会社さくらでは、石川県・富山県に拠点をもうけ、
建築範囲を拠点より車で30分以内の範囲に
限らせて頂いています。
長距離移動の現場が多くなると、
移動ロスや時間ロスがどうしても多くなり、
それがコストに跳ね返ってきてしまうからです。
エリア外からもお問い合わせを多く頂くので
誠に申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、
品質を保ちながら少しでも手が届きやすい価格で
住宅を提供させて頂くため、
ご理解ご協力を頂ければ幸いです。