福知山市 F様邸新築工事

この度、注文住宅でご縁がありましたF様邸の地鎮祭が執り行われました。

本日は誠におめでとうございます!

地鎮祭を執り行う日取りは、建築の吉日として十二直「建(たつ)」「満(みつ)」「平(たいら)」「定(さだん)」

「成(なる)」「開(ひらく)」の6つで選ばれることが多いです。

本日は「満(みつ)」の日です。

万物満ち溢れる日で、新しいことを始めることに良い日です!

快晴の空の下で式が進められました。

 

 

地鎮祭とはいったいどんな儀式でしょうか…

地鎮祭とは、建物を建てる際に工事の安全と無事完成をお祈りする儀式のことです。また、

「鎮」という漢字が「しずめる」「落ち着かせる」という意味を持つ通り、これから工事を始め建物を建てることを土地の神様に

承諾してもらう意味も持ちます。「とこしづめのまつり」と読むこともあります。

祭壇にはお供え物があります。

お供え物は、神饌(しんせん)または御饌(みけ)と言い、神様に献上するお食事のことです。

海の幸

魚・昆布・するめなどです。

めでたい鯛がお供え物として一般的です。

お供え物としてお供えする際には、尾と頭が付いた物を用意します。

山の幸

お供え物としては、季節の果物を用意します。

野の幸

トマト・ナス・キュウリなど地面の上にできる物と、大根・イモなどの地面の下にできる物を、それぞれ用意します。

式が終わると、お下がりをお持ち帰り頂きます(^-^)

 

式の流れです。(地域により内容は多少異なります)

1. 開会の儀
2. 修祓(しゅばつ)
3. 降神(こうしん)の儀
4. 献饌(けんせん)
5. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
6. 四方清祓(しほうせいばつ・しほうきよはらい)

 

神主さんが土地の四隅に行ってお清めして下います。

工事の安全を祈願するための儀式です!!

7. 地鎮(じちん)の儀

 

こちらの地方では、お施主様が鋤、施工者が鍬を持ちます。

お施主様は、弥栄を願い「エイエイエイ!!」と3回掛け声をかけて祭壇横のある盛砂を掘り起こします。

初めてのご経験で少し戸惑いながらも、大きな掛け声と共に砂を掘られました。

8. 玉串奉奠

参加者一人一人が、玉串を祭壇に奉奠します。

祭壇に置く玉串の方向を神主さんの置いた玉串の方向に合わせ、玉串を置いた後

二礼二拍手一礼します。

9. 撤饌
10. 昇神の儀
11. 閉式の辞
12. 神酒拝載

神前に捧げた神酒を祭典終了後に下げ、神主や参列者などで分け合うことです。

このような神前の供物を人間がいただくことを「直会(なおらい)」といいます。

神さまの召し上がった食物をおすそ分けしてもらうことで、霊的な力を取り入れるというものです。

 

滞りなく終え、ご家族のお写真も撮らせていただきました♪

汗が噴き出るような陽気でしたが、お子様も機嫌よく参加され、可愛らしい笑顔を見せてくれましたよ(*^^*)

 

いよいよお施主様とご家族の思いがこもったマイホーム完成に向けて着工です!!

スタッフ一同、一致団結して完成に向け精一杯務めて参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

金沢ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

野々市ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

富山ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

小松ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

かほくギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

福知山ギャラリー

営業時間10:00~18:00 水曜定休

東海ギャラリー

営業時間10:00~18:00 水曜定休