富山市 BR様邸新築工事

 

工事中の「無事」や「安全」を願う地鎮祭

 

家を建てることは人生の中でも大イベントです♪
その大イベントの工事が安全に進むよう、神様にお祈りするための古くからの慣習は、今でも受け継がれ、
お家を建てる際、地鎮祭を行うのが一般的とされています。
もちろん、執り行いに関しては任意です。

建築には、工事を開始するのに良いとされる日があります。
どの日が、建築の「吉日」なのかを調べるときに役立つのが「建築カレンダー」!!
縁起の良い日取りを確認し、ご提案させていただいています。

 

地鎮祭当日は、紅白幕×テントがより一層、「おめでたさ×お祝い」を象徴しています。
ご夫婦揃っての地鎮祭、本当におめでとうございます。

地鎮祭では、基礎工事に取り掛かる前にその土地に住む神様を鎮め、土地を使うことへの許可を得、
これからの工事の安全と、家の繁栄を祈願します。

 

こちら㊧は、清祓の様子です。
四方を祓い、四隅と中央に切麻をまき土地を清めていただきます。

鎮物埋納の儀では、盛り砂に「鎮め物」を納めます。
この鎮め物は、建物の中央部分にあたる土地に工事の安全を願って鎮める大切なもので、
弊社で基礎工事の際に埋めさせていただきます。

地鎮祭では、様々な儀式がありますが、基本神職様が進めてくださいます。
中でも施主様に積極的に行動ご参加いただくのは、「地鎮の儀」と「玉串奉奠」です。

地鎮の儀では、施主様には鎌を持っていただき、「えい!えい!えい!」と掛け声をかけながら、
土山に鎌を入れる仕草を行っていただきます。
この「えい!えい!えい!」という掛け声は、「栄!栄!栄!」まさに繁栄に通じる掛け声と
されています。

玉串奉奠は、地鎮祭にご参加の皆様が順に祭壇の前に立ち一礼、玉串を時計回りに1回転させ、
祭壇に供えた後、二礼二拍手一礼を終え席にお戻りいただきます。

初めての地鎮祭では、所作、お作法が心配になりますが、事前に神職様からの説明もありますので
どうぞご安心ください。

 

 

基礎工事

 

 

基礎工事中の現場の様子です。さくらんの看板が目印です☺(※掲載につき一部白塗りにしてあります)

まずは、弊社が採用している”ベタ基礎”についてご紹介させていただきます。

”ベタ基礎”は、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎を指し、
家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えています。
また、地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなるというメリットもあります。

この後、建物本体の骨組みとなる建て方工事(上棟)に進みます。
完成した基礎の立ち上がりの上部に、床下換気口の代わりとなる「基礎パッキン」を設置し、
その上に「土台」や「大引」と呼ばれる木材を設置していきます。

土台敷きが完了すると、いよいよ上棟を迎えます!!
上棟は8月上旬の予定です。

待ち遠しいですね~ (^^♪

 

 

金沢ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

野々市ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

富山ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

小松ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

かほくギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

福知山ギャラリー

営業時間10:00~18:00 水曜定休

東海ギャラリー

営業時間10:00~18:00 水曜定休