富山市 BT様邸新築工事

 

☆ 上棟 ・・・ 「棟上げ」・「建前」・「建方」

 

上棟おめでとうございます。
上棟にはいろいろな呼び方があります♪

基礎工事を踏まえ、完成イメージの骨組みとなる柱や梁などの組み立ての様子です。

上棟当日は、新築工事や増改築工事を始める際に良き日とされる建築吉日「なる」に該当し、
4連休初日の「海の日」で、記憶、印象に残る日ですね♪

上棟とは・・・ 「現場で建物の主要な構造材を組み立てること」を意味し、
プレカット加工された「ほぞ穴」に、柱の「ほぞ」をピタッとはめ込み組み立ていきます。

土台の上に柱を立て、梁で柱と柱をつなぎ、その次は、2階の柱を立て、梁で柱と柱をつなぎます。
小屋梁に小屋束を立てて母屋を上げていき、一番高い所にある棟木を上げ、上棟完了となります。

 

お清めの雨も上がり、棟梁はじめ建て前に携わる大工さん達が段取りよく棟上げが進められました。
さすが、プロ、手馴れたものです。

吉日、天気の良い日がすべてそろうことは、なかなか難しいことです。

 

 

気がかりと言えば、木材が雨で濡れてしまい、反りや曲がり、腐敗が発生してしまうのではないかと・・・
建物の構造となる木材が濡れた場合、このような心配の声を承ります。
しかし、今の木造住宅で使用されている木材では、そんな心配は必要ありません。
ご安心ください☺

さくらでは、ヒノキや杉などの無垢材に比べて1.5倍の強度のある集成材を全ての柱に使用しています。
集成材は雨で濡れても大きな反りや曲がりが非常に少なく、調湿能力に優れた特性があります。
また、集成材は、強度、防火性能、断熱保湿性、吸音効果が高く品質が安定しています。

 

 

床は、耐震性を強化し、28mm厚の構造用合板の上に、さらに12mm厚のフローリング材を
重ねて施工した、合計40mm厚の二重貼り構造となります。
長年の使用にも床なりの心配が少なく、床面自体の耐久性を高めています。

一気に建物の骨組みを組み立てる光景は圧巻で、みるみるうちに設計図が立体となって、間取りが見えてきました!
ますます完成が待ち遠しく胸が高鳴りますね☺

搬入された木材は、雨に濡れないよう整理整頓し大切に保管管理させていただいています。

これより、本格的なも木工事がスタートしました!!

 

 

 

金沢ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

野々市ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

富山ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

小松ギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

かほくギャラリー

営業時間10:00~19:00 水曜定休

福知山ギャラリー

営業時間10:00~18:00 水曜定休

東海ギャラリー

営業時間10:00~18:00 水曜定休