消費税10%でも
家をあきらめないで!

4つの住宅支援策で
増税後も安心!

消費税10%への引き上げで、家作りへの負担を不安に思う人も多いはず。
今回は、家を購入する際に税負担や家庭負担を緩和できる4つの支援策を紹介!

その 1
\住宅ローンの負担が3年間延長して減税!/
住宅ローンの減税延長 
10年→13

住宅ローン減税は、金利負担を軽減するために年末の住宅ローン残高の1%分を所得税から減税する制度です。例えば、消費税10%で、年末ローン残高が10年間4,000万円以上ある一般の物件の場合、最大で1%分の40万円が所得税・住民税から減税されます。その控除期間が3年間延長されます。

―――適用期間(住宅ローン減税の延長)―――

消費税10%が適用される住宅を所得し、2019年10月1日~2020年12月31日までに入居した場合

その 2
\いろんな商品と交換できる住宅ポイントがもらえる!/
次世代住宅ポイント制度の創設 
0万円→最大35万円相当

消費税10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅の新築やリフォームをした人に対し、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度(1ポイント=1円相当)です。1戸あたり上限35万ポイントまで発行されます。

―――適用住宅(次世代住宅ポイント制度)―――

注文住宅:2019年4月~2020年3月に請負契約・着工したもの
分譲住宅:2018年12月21日~2020年3月に請負契約・着工し、かつ売買契約を締結したもの、または2018年12月20日に売買契約を締結したもの
※いずれも2019年10月以降に引き渡しをしたもの

その 3
\3,000万円まで贈与税がかからなくなる!/
贈与税の非課税が拡大 
最大1,200万円→最大3,000万円

父母や祖父母から金銭の贈与を受けてマイホームを取得する際にかかる贈与税に対して「非課税措置」が適用されます(条件有)。消費税10%の場合、最大で3,000万円(贈与税の暦年課税分110万円を含めれば3,110万円)まで非課税枠が拡大します。

―――適用期間(贈与税の非課税枠拡大)―――

2019年4月~2020年3月:最大3,000万円
2020年4月~2021年3月:最大1,500万円
2021年4月~2021年12月:最大1,200万円

その 4
\今までもらえなかった人も給付金がもらえる場合あり!/
すまい給付金の対象が拡大 
510万円以下→755万円以下

すまい給付金は、マイホームを取得する際に受け取ることができる給付金制度です。今回の消費税10%に対しては、収入額の目安となる年収510万円以下だった対象者が年収775万円以下までに、給付基礎額も最大30万円から50万円に拡充されています。

―――適用期間(すまい給付金の拡充)―――

消費税10%が適用され、2021年12月末までに住宅の引き渡しをして、入居した場合

2,500万円の家を建てる場合(2,500万円のローンを組む場合)

実際に支援策を当てはめてみよう!

2,500万円の家を建てる場合
(※2,500万円のローンを組む場合)

Aさんファミリー》旦那さんの年収580万円 損 得 【損】と【得】の金額を合計すると +約60万円

《Aさんファミリー》旦那さんの年収580万円
【損】増税前(8%)2,700万円→増税後(10%)2,750万円  -(マイナス)50万円
【得】住宅ローンの減税の延長 +(プラス)約50万円
    次世代エコポイント(エコ住宅の場合)30万円 +(プラス)約30万円
    すまい給付金0円→30万円 +(プラス)約30万円
《計》【損】と【得】の金額を合計すると +(プラス)約60万円
もしかして増税後の方がお得かも・・・!?
※ 各項目に条件があります。詳しくはプロに相談しましょう。