建て替えの流れ

今住んでいる住宅を取り壊して、新しい家を建て替える際には申し込みから手続きまで、やらなければならないことがたくさんあります。

あらかじめ全体の流れを理解しておくとスケジュールが立てやすくなり、効率的に動けるでしょう。

今回は住宅建て替え時の流れから発生してくる費用、また建て替え費用の節約方法までためになる情報をまとめて紹介します。

ハウスメーカー探しと建築プラン決定

家の建て替えが決まったら、まずは新築住宅を建てるハウスメーカーや建築会社を探し始めましょう。

インターネットで検索したり、住宅展示場やモデルルームに行ったりして気になる会社を絞りこみ、プランと見積りを相談します。

「ここに任せたい」と思える会社が決まったら打ち合わせを行い、間取りや建築プラン、本見積りを作成してもらいましょう。

双方が納得したら本契約を交わします。

 

住宅ローンの申し込み

新築プランが決まっても、住宅ローンが通らなければ意味がなくなってしまいますよね。

がっかりすることがないように解体工事や新築着工前には金融機関に住宅ローンの事前調査を申し込んで審査を受けましょう。

 

住宅ローンの事前審査には新築のプランと見積書が必要になってくるので、依頼先のハウスメーカーを決めておく必要があります。

 

解体業者の選定

新築住宅の計画が決まったら、次に旧居のことを考えましょう。

 

いくらプランがまとまっても、旧居がそのままの状態ではいつまで経っても着工できないので、解体してくれる業者を探し始めるようにしてください。

 

ただし、ハウスメーカーによっては解体から請け負ってくれることもあります。

 

建物の構造や時期などにもよりますが、2ヶ月みておけば大体の住宅は解体されます。

自分で解体業者を探す場合は複数の業者から見積もりをとって、最も信頼できそうな業者に依頼しましょう。

 

仮住まい探しと旧居の片づけ&引っ越し

解体のスケジュールが決まれば、いよいよ引越し準備を始めます。

新築住宅が完成するまでの間、みんなで暮らせる仮住まいを探しましょう。

 

短期間の賃貸住宅は不動産会社によっては受け付けていないこともあるので、地元の不動産会社も選択肢に入れてみるといいかもしれません。

 

工期が短く済むようであればマンスリーマンションやハウスメーカーを利用するのもひとつの手です。

仮住まいが決まったら、旧居の荷物を全て片付け、処分して引越しをしましょう。

仮住まいが不十分な広さで入らない物があれば、倉庫やトランクルームをレンタルして預けておくことができます。

 

地盤調査・地盤改良

解体工事行う前に地盤調査を行って、地盤の強度が基準を満たしているかどうかを調査してもらう必要があります。

 

正式な調査は解体工事を行って更地になってからになりますが、あらかじめ申し込んでおくと調査もスムーズです。

 

地盤の強度が不十分である場合は地盤改良を行う必要があり、その分だけ着工時期が遅くなります。

新居の完成が遅れるとその分仮住まいの賃貸料も多く発生するので、テンポよく進めましょう。

 

解体工事

立地や構造などによって解体工事の方法は異なります。

どのような方法でも、大きな音やほこり、ゴミが発生するため、事前に近所への挨拶を行い、水道やガスなどのライフラインを停止しておきましょう。

 

大まかな解体の流れは足場と養生の設置からはじまり、人力での解体、重機を使用した解体、基礎の撤去、整地となりますが、具体的な解体の方法は業者に確認しておくことをおすすめします。

 

新築住宅の着工と引き渡し

更地になって地盤が整ったら、いよいよ新築工事に入ります。

改めて近隣への挨拶と地鎮祭を行い、基礎工事から始まっていくのが一般的な流れです。

 

住宅が完成し、検査が済んだら鍵の受け渡しが行われ、引っ越しのスケジュールも立てられるでしょう。

着工から引き渡しまでは4~6か月程度が平均です。

 

建て替えにかかる費用一覧

古い家を解体して新しい住宅が完成するまでには、さまざまな費用が発生します。

いつ、どのような費用がかかるのか、まとめて紹介します。

解体費用

古い家を解体する際にかかる費用の目安は木造住宅であれば一坪あたり2~6万円、鉄骨住宅は3~6万円、鉄筋コンクリートは4~7万円です。

 

30坪の住宅であれば最低でも60万円、100万円以上かかることも視野に入れておきましょう。

また解体時に出た廃棄物を処理してもらう場合は別途費用がかかります。

 

登記費用

建物を解体した場合、登記所に申請をして旧居の建物の登記簿を閉鎖する必要があります。

 

これは解体工事後に必ず申請しなければならないものですが、土地家屋調査士が代行している場合がほとんどです。

土地家屋調査士への報酬も含めた相場は5万円前後と言われています。

 

測量費用

測量が行われておらず、境界がはっきりしない土地で住宅を建て替える際は、土地の測量を行って土地の形状を確定させます。

この調査は土地家屋調査士や測量士が行うものですが、測量費や手数料を含めると約30万円が発生します。

 

地盤調査費用・地盤改良工事費用

地盤調査の費用相場は5~25万円と非常に広く、状態や土地の広さによっても異なってきます。

地盤改良が必要となれば今度は改良工事費用がかかってきますが、この相場は一坪あたり約3万円です。

 

30坪の場合、100万円前後かかると考えておくとよいでしょう。

 

引っ越し費用

古い家から仮住まいに引っ越す際、また仮住まいから新居に引っ越す際にも引っ越し費用が発生します。

業者に依頼する場合、近距離であれば10万円前後が相場です。

 

家族構成や荷物の量、また季節や時間帯によっても変わってきますので、複数の業者から相見積もりを取ってお値打ちなところを選ぶようにしてください。

 

設計・建築費用

住宅を建て替える際におそらく最も大きな負担となるのが建築費用ですが、これは一坪あたり50万円が相場とされています。

 

住宅の広さや設備のグレードによって大きく異なってきますので、あくまで参考程度に記憶してください。

新築の設計費用は建築費用の約10%といわれています。

 

 

各種税金

住宅を新築すると不動産取得税や固定資産税、登録免許税、都市計画税など、さまざまな税金が発生してきます。

不動産税は建築価格×1/2×3%、登録免許税は不動産価格×0.4%で算出されます。

 

その他にも建築工事請負契約書を用いて契約を結ぶ場合は印紙税が必要です。

ひとつひとつは数万円程度でもすべてまとめると数十万になってくるので、見逃さないようにしましょう。

 

仮住まいでの生活費

仮住まいで新しい家電や生活用品を購入したり、トランクや倉庫を借りたりすればその分だけ新しい生活費用が発生します。

 

なるべく無駄がないように、新居でも使えそうなものを購入することをおすすめします。

 

レンタルトランクルームも毎月となると金額がバカになりませんので、実家や知人宅など荷物を預かってもらえそうな所に頼むのもひとつの手です。

 

坪数ごとの建て替え費用相場

一般住宅の多くは30~50の坪数で建てられていることが多いようです。

この坪数によって、建て替え費用の概算を知ることができます。

 

全国の戸建住宅の平均坪数は38.36坪で、平均建て替え費用(土地なし)は3,392万円であることが分かっています。

 

30坪であれば2,653万円、40坪は3,537万円、50坪は4,421万円と、坪数にほぼ比例して建て替え費用も上昇します。

こちらを目安に試算しておくと、住宅ローンの借入金や支払計画を立てやすくなるでしょう。

建て替え費用を賢く節約するには?

更地にいちから新築住宅を建てる場合と違って、元々建っている住宅を解体してから建て直すとなると、費用がどうしてもかさむ傾向にあります。

 

「土地代は発生しないから大丈夫」と言って油断していると、予想以上に費用がかかってしまうことも。

そのようなことがないように、ここからは建て替え費用を節約するポイントを紹介します。

 

こだわるポイントを絞る

前章で紹介した通り、建て替え費用の中でも最も大きなウエイトを占めるのが建築費用です。

ここを見直すことで建て替え費用全体をぐっと抑えられる可能性が高いです。

 

せっかく新築住宅を建てるならと意気込みすぎて、ありとあらゆる設備や内装・外装にお金をかけるとものすごい金額になってしまうことも。

 

優先順位を決め、こだわりポイントを絞ると不要な部分が見えてきて、建築費用を抑えられます。

また、仮住まいにこだわる方がいますが、短期間だけの住まいと割り切った方が節約できる可能性大です。

さまざまな建築業者に相談する

住宅の建て替え時にはハウスメーカーから解体業者、引越し業者など、さまざまな業者と関わる事になりますが、時間が許す限り、複数の同業者に見積もりをとってリーズナブルな業者を見つけましょう。

 

複数の業者から相見積もりを取れば、相場もなんとなくわかってくるはずです。

気に入った業者が高い料金を提示してくるようであれば、他の業者の見積書を見せて交渉するのが賢い方法です。

 

売却から施工までワンストップの会社を選ぶ

さまざまな工事を一括で請け負っている業者に頼めば連絡がスムーズに取ることが可能です。また、通常複数社でかかってしまう手数料を節約できたり、手間を省くことができるなどメリットが多くあります。

 

何かと手続きが煩雑な家づくりでは、できる限りワンストップタイプの業者を選んでみてはいかがでしょうか。

 

さまざまな選択の幅を視野に入れる

土地を持っていると、まずどうしてもそこに建て替えようという気持ちが働くかと思いますが、選択肢は決してひとつだけではないはずです。

 

同じ場所に建てるよりも一度家を売却して新しい場所に建てたり、新築を購入するのではなくリフォームにしたほうが理想に近い暮らしを送ることができるかもしれません。

 

家族の事情などもあるかと思いますが、同じ場所に新しく住宅を建てるという考えを一旦おいて、さまざまな選択肢を視野に入れると検討してみましょう。

 

さくらの建て替え

ここまで建て替え住宅の流れやそれにかかる費用を紹介しました。

 

住宅にはさまざまな可能性があるので、専門知識のない方が一度で方向性をしっかり固めるというのはなかなか難しいもの。

 

これからの建て替え計画にお悩みの方は、一度ぜひ株式会社さくらにご相談ください。

 

住宅の売却手続きから土地探し、また注文住宅や分譲住宅の紹介など、不動産や家づくりに関することであれば幅広く対応しておりますので、きっと納得できる方法を見つけられるかと思います。

 

北陸地方を中心にギャラリーやモデルルームを展開しておりますので、一度足をお運びいただけるとさくらの家づくりについてのご理解が深まるはずです。お気軽にお越しくださいませ。