LANDSEARCH

土地探し
 
TOP > 土地探し
 

注文住宅を建てるなら、土地探しはとても重要です

 
 

家づくりでは建物の設計やデザイン、設備、仕様など、家のことばかりを考えがちですが、満足度の高い住まいにするため、まず土地探しが非常に重要な要 素です。どんな土地に住むかで、交通利便性や生活利便性、予算や建てられる家の大きさや形状も変化するからです。

 
さくらマルシェ
 
土地探しでよくあるお悩み
 

どこに住むかで変わる、毎日の暮らし

 
 
エリア選び

どこに建てる?エリア選び

既存の住宅街と新たに宅地造成された分譲地では、街の雰囲気に違いがあるそうです。住民に高齢者の多いところ、様々な世代が暮らしているところ、エリアによって違いあります。例えば新たにつくられた分譲地では計画的に配置された美しい街並みが魅力的だったりするでしょう。希望するエリアがどのような環境なのか知ることは重要です。

 

利便性は生活の基本

通勤や通学にかかる時間や、利用する交通機関や路線の本数を確認。日常的な買い物のためのスーパーやコンビニ、週末に出かける大型ショッピングセンターへのアクセスをは大切なポイント。また近隣に内科や小児科、歯科などの病院、そして、銀行や郵便局などの公共施設があれば便利です。

利便性
 
将来の住環境

将来の住環境を見据える

現状は利便性がそれほど良くはないエリアでも、再開発によって商業施設が充実したり、計画的に公園が整備されたりなど、近い将来、暮らしやすい街に生まれ変わることがあります。逆に既存の大型の商業施設が撤退してしまうことも。希望エリアの将来像もイメージすると良いと思います。

 

あなたに最適な土地を探そう

 

事前にチェックするべきポイント

優先順位 土地への優先順位

価格、広さ、形状、公共交通機関への距離など、すべての希望に合う土地が見つからないこともあります。土地探しを依頼するときは、条件の優先順位を決めて伝えておくと、理想に近い土地に出合いやすくなります。

用途地域 用途地域を知ろう

市街化区域では1 2 種類の「用途地域」によって、その土地に建てられる建物の種類や規模が制限されています。用途地域によって住宅地としての環境が違うので、選んだ土地がどの用途地域に含まれているかを、必ず確認しましょう。

建ぺい率・容積率 建ぺい率、容積率とは

土地にはそれぞれ建てられる建物の大きさや高さに制限があります。建築面積の上限は「建ぺい率」で、延床面積の上限は「容積率」で決められ、「高さ制限」などの規制もあります。希望のプランの家が建てられるか、必ず事前に確認しなければいけ ません。

土地に接している道路 土地に接している道路をチェック

都市計画区域内で建物を建てる場合、原則として建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければならない( 一部区域では幅員6m以上が必要)。この接道義務をクリアしているかを確認しましょう。

地盤 地盤の状況を知ろう

地震に強い家にするには建物の耐震性能だけでなく、家を支える地盤も重要です。建築前に地盤調査を行うのが一般的ですが、購入前の土地の場合は、Webサイト「地盤サポートマップ」で、地質や地震時の揺れやすさ、液状化の可能性、浸水の可能性などの目安がわかるので活用しましょう。

水害対策 水害への対策も考えよう

近くに川がある低地は大雨で浸水する可能性があります。過去の浸水履歴は各市町村役場で確認可能。また市区町村役場にはハザードマップや、今後の再開発計画などさまざまな情報があるので、Webサイトをチェックしておきましょう。

 
 

はじめての家づくり

満足いく家づくりのために知っておきたいこと

 

購入する土地を決めるまでに、たくさんの注意点があります。
全てを確認していくのは大変ですが、お客様に最適な土地を手に入れるためにも、わからないこと、不安なことは
専門のプロと一緒に、解決していきたいものです。

 
さくらマルシェ
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン