MENU

さくらブログ

blog

W様邸新築工事 上棟
  • 施工日誌
  • 岐阜県
W様邸新築工事 上棟

皆さまこんにちは🌸

大垣ギャラリーです(^^)/

先日、W様邸新築工事にて、上棟が行われました!

おめでとうございます!

W様邸新築工事の様子をご紹介いたします😌😌

W様邸は4月上旬に着工、基礎工事が着々と進んでおりました🏡

玄関部分やお風呂場には断熱材となるスタイロが基礎の立ち上がり部分に取り付けられています。

そして、外部配管の様子です🏡

家の給排水の配管を設置しています。

キッチンやお風呂場、トイレなど、生活用水が必要な場所へ、

メーターから家の周りをぐるりと囲って繋げていきます。

この際、しっかりと勾配がとれているか

職人さんが確認しながら進む、とても慎重な工事です。

いよいよ上棟です🏡

1階、2階・・・と工事が進んでいきます。

プレカットされた木材をクレーンで吊り上げ、大工さんが受け取り、みるみると建物が立ち上がっていきます。

 

プレカットされた木材を見てみると、

断面には何やら文字が😯😯

これはプレカットされた木材を組み立てていく大工さんが

どの木材が建物のどこで使われる木材か

分かるようにつけられた目印です。

建築用語では、”番付(ばんづけ)”と言います🧐

プレカット図面は碁盤の目のようになっており、

縦列に数字、横列にいろは歌がふられます。

「横列・縦列」と明記され、

いわば座標のようになっているのです😌

 

 

 

 

少し余談ですが、

一番最初、真っ先にという意味で用いられる

「いのいちばん」という言葉。

実は建築が由来の言葉と言われているのです🏡

上棟時、一番初めに建てられる柱が、番付でいう

「い」の「いちばん」であったことが語源なんだとか🤗🤗

言葉の意味が理に適い、思わず「なるほど🧐」

と呟いてしまうこぼれ話でした。

 

朝早くから現地に赴いてくださった大工さん、工事関係者の皆様

ありがとうございました!

また工事が進みましたらご報告いたします😌😌

石川県 T様邸新築工事
  • 注文住宅
  • 石川県
石川県 T様邸新築工事

みなさまこんにちは!

天気が良く、暖かい日が続いてきましたね(*’▽’)

 

さて、今回も現場へ行ってまいりましたので様子をお届けします♪

現場へ訪れると外壁の施工が完了しておりました。

いい青空ですね(/・ω・)/

逆光で見えにくいのですが、シックなブラックのサイディングです。

外壁のアップ画像も一緒に載せておきます♪

吹付断熱材の『MOCOフォーム』吹付が完了していました。

天井や柱の隙間にもみっちりと吹付られております!

MOCOフォームは安心安全の国産です(^▽^)

JIS認証を取得した工場より、厳格な管理基準のもと製造・出荷されているそうです。

 

こちらをご覧ください。

電線1本に対しても隙間がほぼなく吹付されていますよね。

 

繊維系の断熱材ではダクトや配管、コンセントボックス廻りなど、隙間なく完全に設置することは困難です。

隙間がどうしても出来てしまう分、断熱性能は落ちてしまいます・・・💦

吹付断熱材はそういった隙間がなく施工ができますので、断熱性能もバツグンなのです✨

さくらの高気密高断熱住宅の重要なポイントとなりますね🔍

また現場へ行きましたら進捗をお伝えいたします!

お楽しみに(*’▽’)♪

岐阜市M様邸 基礎工事
  • 施工日誌
  • 注文住宅
  • 岐阜県
岐阜市M様邸 基礎工事

皆さまこんにちは🌸

大垣ギャラリーです(^^)/

3/25より岐阜市M様邸新築工事が始まりました。

基礎工事の様子をご紹介いたします😊

さくらの家は基礎に「ベタ基礎」を採用しています。

こちらの写真は枠組み・打設の様子。

ベタ基礎の特徴ともいえる鉄筋が組み込まれているのが分かりますね🧐✨

家の床下部分全体にコンクリート打設をして作られるベタ基礎は建物の重さを地面全体に分散するほか、

地中からのシロアリ侵入を防いだり、地面からの湿気を防ぐことがメリットとして挙げられます。

そしてこの枠組みの時点で、

第三者機構「JIO(日本住宅保証検査機構)」による

JIO配筋検査が行われます🏡

さくらでは住まいの引渡後、

JIOによる定期アフターハウス点検のほか、10年の住宅設備保証を取り入れています。

保証が続くうえで、点検対象となる住まいが建設過程で保証の対象となるためにも

重点箇所でJIOよりしっかりと検査していただきます。

M様邸の配筋検査も無事適合認定されました😌😌

次の過程へ進みます💨💨

こちらは型枠がバラされた様子。

写真以前の過程としては、枠組みに合わせて立ち上がりの部分(迷路の壁のような部分)

の枠を組んだ後コンクリートを流し込み、平らになるように固める打設のプロセスがありました。

生コンクリートの練り込みから打ち込みまでの時間の制限やコンクリートの余分な空気、水を抜く締固めの作業、

養生期間の天候や湿度・気温による硬化の変化など

とても慎重な作業です👷‍♀️

コンクリートの硬化がしっかり確認できると型枠をはずし、基礎の完成です✨

 

 

土台伏せを行い、配管を終えるとつぎはいよいよ上棟です🌞

M様邸新築工事

進展がありましたらまたご報告いたします😌😌