Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

COLUMN

お役立ちコラム
 
 
お役立ちコラム  | 2021年5月2日

平屋だけど、子供部屋だけ2階につくる!今人気の住宅のかたち。

 

近年日本の一般住宅で人気が高まってきている平屋。

生活動線が短く、1階のみで生活がすべて完結するところが魅力です。

 

そんな平屋ですが、実は2階が存在する平屋もあることをご存知でしょうか。

「平屋なのに2階?」と思われるかもしれませんが、平屋と2階建て住宅の良いところどりをした住宅の魅力を今回は紹介します。

 

「ゆったりした平屋づくりには憧れるけれど、広い敷地が必要になる平屋をつくるには予算が足りない」と考えている方は必見です。

きっとマイホームづくりのヒントを見つけられるでしょう。

平屋なのに2階ってどういうこと?

「平屋みたいな二階建て」とはその名の通り、パッと見は平屋のように見える建物の内部に2階が存在するという住宅です。

 

ほとんどの「平屋みたいな二階建て」住宅は、1階の半分程度の広さで2階部分が作られています。

2階部分には子供部屋だけを作り、リビングや水回り設備、夫婦の寝室はすべて1階につくることで、基本的な生活を1階のみで完結させられます。

 

このような間取りにすることで、老後を迎えて階段をのぼるのが辛くなったとしても、1階で生活を済ませられますし、子供が独立した後には2階を収納スペースにすることができます。

 

広々としたリビングを確保することで、開放感のある暮らしができるところも平屋みたいな2階建てのメリットです。

 

2階を作っているため、大家族で暮らすときにも広い敷地を確保する必要はありません。

平屋建てみたいな2階建て以外にも、「1.5階建て」「平屋風2階建て」「平屋プラスアルファの家」などと呼ばれることもあります。

平屋ベースの2階建ての間取り例

平屋ベースの2階建てを作るときには、どのような間取りをつくったら良いのでしょうか。

平屋でさえ最近のトレンドであるのに、さらに「平屋っぽい2階」と言われても、なかなかピンときませんよね。

 

そこで、ここからは平屋をベースとした2階建て住宅をつくるときのポイントを紹介します。

将来1階のみで生活が完結する間取りにする

今は幼い子供と暮らしていても、将来その子供たちが独立する可能性は十分にありますよね。そうなったときに、一旦子供部屋は不要になります。

 

その後、夫婦二人で生活を送っていくなかで足腰が弱まり、階段昇降が辛くなるということも。

それも将来1階のみで生活を完結できる間取りにしておくと、将来に備えることができます。

 

今は結婚した子供と同居する機会も少なくなっていますので、将来二人になったときのことを考えて、間取りを作っておきたいという親世代が多いようです。

プライバシーのことも考えて子供部屋のみを2階にする

「子供のプライバシーを考えて、2階に子供部屋を作ってあげたい」と考える家族も多いようです。

 

特に中学生や高校生になると、定期テストや受験に向けて勉強に集中したいと考える子供が増えます。

 

それも2階に独立した子供部屋を設けることで、ストレスなく過ごせるようになります。

 

また、子供部屋以外にもテレワークが浸透している昨今、業務に集中できて仕事の資料を整理しておける書斎を2階に作ることも可能です。 

2階を納戸スペースとして使用する

テレワークをしている方やフリーランスの方、また趣味を充実させている方は、2階に納戸スペースを作って、1階には収納しきれない物を片付けておくことができます。

 

来客時にも、人の目に物が触れることがないため、2階にひとつ納戸スペースを設けておくと重宝します。

敷地面積が限られている場合でも、2階があることで自由に使えるスペースが広がる点は大きな魅力的です。

夫婦の寝室は1階につくる

LDKや浴室、洗面台などの水回り設備を1階につくって、家族全員分の寝室は2階につくるという人が少なくありません。

 

しかし、夫婦の寝室も2階につくってしまうと、子供たちが独立した後でも結局2階を使わなければならずに、階段の昇り降りがつらいと感じることも。

 

1階のスペースは広めにとって、夫婦の寝室だけでも1階に作ると良いでしょう。

寝室はプライベートな空間であるため、リビングとは少し離れた場所に独立した居室を設けることをおすすめします。 

吹き抜けのある2階ホールまでつながった空間をつくる

メリットが多いように思える平屋ですが、採光を取り込みにくく、家の中心部分に光が差し込みにくいというデメリットもあります。

 

そのデメリットを解決できる、勾配天井高天井を取り入れた平屋が最近は人気です。

吹き抜けのある平屋ベースの2階をつくる場合、オープン階段などで2階ホールまでつながった空間をつくると開放感と一体感が出るのでおすすめ。

 

2階部分に天窓や大きめの窓を取り付けると採光もパッチリで、家の中心部まで明るくなります。

1階から2階の状態を見回すことができて、2階にいる子供の状態もしっかり把握できます。

ゲストルームを2階につくる

家族が多い家庭や来客が多い家庭では、2階スペースにゲストルームをつくるのもおすすめ。

来客のプライバシーを守りつつ、宿泊してもらうことができます。

場所をとりがちなゲスト用の寝具も、普段からゲストルームに収納しておけるでしょう。

スキップフロアを設けて平屋にもメリハリを

平坦なイメージになりがたいの平屋ですが、1階に段差のあるスキップフロアをつくることでメリハリが出てきます。

 

子供の勉強スペースや和の空間、収納スペースとして活用できるため、1階を有効活用したい家庭におすすめです。

さくらの平家ベースの2階建て事例をご紹介!

ここからは株式会社さくらが提案する、平屋ベースの2階建て住宅の事例を紹介します。

 

具体的な事例を目にすることで、マイホームづくりの参考にきっとできるでしょう。

採光のとり方や、1階の間取りのとり方についても確認してみてください。

青空と暮らす家

「いつでも空を見上げることができる」をコンセプトにした青空と暮らす家は、吹き抜けになっていて、開放的な雰囲気たっぷり。

 

掃き出し窓を3つ作っていて、光もしっかり取り入れることができます。

最近の平屋住宅に多い梁見せ天井を採用することで、高い天井を実現しています。

 

2階は子供部屋にして、1階ではウッドデッキを含むフラットな空間で、家族のコミュニケーションを取ることができるでしょう。

 

格子の仕切りを設けることで、外からの視線が遮られ、目隠し機能になってくれます。

こちらの住宅は、平屋で人気の片流れ屋根を採用したことで、高さをしっかり確保することができています。

住宅の中心部分であるLDKは、このような間取りになっています。大きなシーリングファンがとてもおしゃれですね。

暗くなりがちな平屋住宅にも、多様な照明を設けていることで深夜でも十分な明るさを確保できます。

 

上部はオープンスペースになっていて、それぞれの居室の状態を確認できます。

縁側をつくっているので、天気の良い日は外に出て、バーベキューやレジャーを楽しめそうですね。

上から見下ろした住宅内はこのようなかたちになっています。急勾配になっていることが、よくわかりますね。

ウォークインクローゼットつきの居室には、このように悠々とベッドを設置することができます。

高窓がついていて、換気と採光には問題がありません。

片流れ屋根を採用している平屋住宅が多い一方で、フラットな屋根を採用している平屋も珍しくありません。

フラットな屋根にすることで、屋根の高さが安定して保たれ、間取りを設計しやすくなります。

 

ホワイトとブラックのツートンカラーで、外観にメリハリが効いていますね。

平屋特有ののっぺりした印象はまったくありません。

和室つづきのLDKで、十分な広さを確保できています。

 

扉で仕切れる和室は夫婦の寝室にして、プライバシーを守ることができそうですね。

階段を奥まった場所に設置し、LDKにはなるべく光が差し込むように工夫をしています。

階段下収納を設けて、デッドスペースを最大限に活用しています。

家族の予定を書いておくことができる黒板を設置しました。

アクセントウォールでおしゃれな雰囲気に仕上がっています。

収納スペースをこちらにも確保しています。

2階を設けたことで、大容量の収納が可能となりました。

平屋に関するご相談は事例豊富な株式会社さくらへ

平屋の人気が高まったことで、そのバリエーションも広がりをみせています。

平屋ベースにした2階建て住宅の誕生も、その流れといえるでしょう。

 

しかし、最近人気が出始めている平屋住宅は事例も少なく、流行にのって選んでしまうと失敗することも。

 

そのようなことがないように、平屋の建築事例が豊富なハウスメーカーや建築会社に設計から施工、アフターメンテナンスまでを依頼する必要があります。

 

石川県金沢市に本社を設ける株式会社さくらでは、1.5階建ての平屋の事例が豊富にございます。

これまでの事例をもとに、実績豊富な営業担当者や建築士が、お客様に最適な住宅プランを提案しております。

 

モデルルームも展開しておりますので、ぜひ一度足をお運びくださいませ。

弊社の家づくりの姿勢をきっとご理解いただけるかと思います。

 
 
  • 他のさくらの施工事例を見る
  • さくらのイベント情報随時更新中!
  • モデルハウス・ギャラリー来場のご予約
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン