Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

COLUMN

お役立ちコラム
 
 
お役立ちコラム  | 2021年2月18日

注文住宅のオプションは何を選ぶ | 予算に合わせてこだわりの家づくりを

 

注文住宅の購入が決まったら、今度は理想のわが家に近づけるためのオプション選びをおこないます。

さまざまな住宅オプションがあるため、モデルハウスやカタログなどを見ていると自分の家には何を選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

 

しかし住宅購入には予算の都合もありますし、実際につけられるものつけられないものがあります。

 

こちらの記事では、おすすめの注文住宅オプションを紹介いたします。

なおそれぞれのオプション価格はピンからキリまでありますので、必ず業者に確認しましょう。

注文住宅のオプションとは

注文住宅を購入する場合、ハウスメーカーによって標準仕様のものとそうでないものがあります。

 

標準仕様になっていないものや、こだわりたい部分はオプションとして導入していきます。

オプション選びに失敗して後悔しないために

オプション選びに失敗しないためには、自分たちの暮らしに何が必要で何は必要でないかを選定していく必要があります。

 

高いお金を払って付けたオプションだけど、結局全然使っていないなどと思っても後から返品などはできません。

 

家を建てる前に自分達の暮らしを想像して決めなければならないのは、難しいことかもしれません。

 

できるだけ多くの事例を見たりモデルハウスを訪れるなどして、想像力をふくらませて考えていくことが大切です。

 

カタログやパソコンの画面上で見るよりも、断然イメージがつかみやすいでしょう。

参考:さくらのモデルハウス

各ハウスメーカーの標準仕様を確認

注文住宅のオプションを選ぶ際には、まずはじめに各ハウスメーカーの標準仕様を確認します。

 

どこまでが標準仕様なのかは、各ハウスメーカーまちまちです。

担当者との打ち合わせの際に、1つひとつ確認します。

 

ハウスメーカーの担当者はプロですから、わからないところは聞きながら取捨選択をしていくのがおすすめです。

注文住宅につけて良かったオプション | 各設備の費用相場

ここからは注文住宅につけて良かったオプションを、費用相場とともに紹介します。

リビングルーム

リビングにおすすめの住宅オプションを紹介します。

床暖房(30万円~/6畳)

リビングに床暖房のオプションはおすすめ。

一日の大半を過ごすくつろぎの場で、足元からやさしく暖めてくれるからです。

足元が温かいと部屋中を暖房で暖めなくても大丈夫なので、光熱費もお得になります。

暖炉・薪ストーブ(暖炉60万円~、薪ストーブ20万円~)

リビングに暖炉や薪ストーブのオプションはおすすめです。

とくに暖炉の場合は煙突の設置が必須になりますので、後から付けたいと思ってもなかなか難しいところがあります。

新築の際に暖炉を設置すれば、工事も比較的簡単です。

寒い冬場に、薪をくべ本物の火を炊くことはやはり暖かさが格段に違います。炎のゆらぎを見ているだけでも癒されるものです。

また暖炉はリビングの主役ともなり得るほどの存在感で、インテリアの一部となります。

夏でもリビングの格調を上げるために一役買うため、おすすめです。

ペアガラス|トリプルガラス|防犯ガラス

高性能ガラスを採用することによって、その効果が得られます。

  • 断熱性
  • 気密性
  • 耐風性
  • 遮音性
  • 防犯性

またペアガラスなどは厚みがあるため、後から気軽に交換することが難しい場合もあるのです。

そのため新築時に導入した方がよいでしょう。

キッチン

キッチンは、主婦にとって大切な活動スペースのためこだわりたいポイントがたくさんあります。

パントリー(15万円~)

パントリーは、キッチンをスッキリさせるために効果的。

どうしても煩雑になってしまいがちなキッチンですが、パントリーがあれば買い置きの食材も保管しておけます。

ある程度の食材をキープしておくことは、災害時にも安心です。

アイランドキッチン(100万円~)

キッチンに比較的広いスペースがとれるなら、アイランドキッチンがおすすめです。

アイランドキッチンなら、キッチンにありがちな閉鎖的なイメージはまったくなくなり、また家族も気軽にキッチンに立てる習慣が期待できますね。

ペニンシュラキッチン(60万円~)

近年、ペニンシュラ型のキッチンは人気があります。

ペニンシュラキッチンは壁から半島のように突き出たスタイル。

いわゆるカウンターキッチンよりも、カウンターの奥行きを広くとりその部分で食事をするなどダイニングスペースのような役割も果たせます。

キッチンで料理をしながらでも、家族とのふれあいが保てる点も魅力です。

アイランドタイプよりも省スペースで実現可能でしょう。

ビルトイン食器洗浄乾燥機(8万円~)

ビルトイン食器洗浄乾燥機は、住宅を建てる際に設置しておくのがおすすめ。

なぜならビルトイン食洗器を後付けするのは、思いのほか大規模な工事になるからです。

どうせ付けるなら新築時がよいでしょう。

居室 | 子ども部屋

居室や子ども部屋に取り入れたいオプションです。

人に見えるところではないので、機能性を優先しましょう。

ウォークインクローゼット(20万円~)

スペースに余裕があれば、居室にはウォークインクローゼットを採用しておくのがおすすめ。

ウォークインクローゼットがあれば、部屋がスッキリ片付きますよ。

可動式間仕切り(6万円~)

子ども部屋には、可動式の間仕切りを設置しておくのが良いでしょう。

子どもが大きくなった時に、部屋を分割して使うなどフレキシブルな対応ができます。

外構 | 外回り

家づくりは、家だけでは完成しません。

家と外構がマッチして初めて完成形となるため、外構にもこだわりたいものです。

しかし外構費にも思いのほか費用がかかりますので、取捨選択が必要となります。

太陽光発電システム|蓄電池(太陽光発電100万円~、蓄電池90万円~)

太陽光発電システムを設置すれば、電気を買わない暮らしが実現可能です。余った電気は売電できますので、日々の光熱費が抑えられます。

また太陽光で発電された電気を蓄えておければ、さらに電気を有効に活用でき、蓄電池を備えておくと、災害時にも停電とは無縁な暮らしが実現可能です。

太陽光発電システムと蓄電池は初期投資がかかります。

将来的な日々の光熱費との試算をおこなってみて、導入する価値があればぜひとも取り入れたいオプションです。

参考:さくらのスマートハウス2030

ウッドデッキ(10万円~)

庭にウッドデッキを設置するのは、おすすめのオプションです。

土がむき出しのままは雑草や砂ぼこり、雨の日には泥汚れ等の心配からあまりおすすめできません。

 

さらに芝生だけやレンガ敷きなども見た目はよいものですが、活用範囲としては限られます。

植栽や芝生部分は残しつつウッドデッキを設置すれば、部屋の延長として幅広く活用できます。

ウッドデッキの活用方法は、以下のとおりです。

  • 読書などくつろぎの場
  • 夏は子どものプール
  • バーベキュー
  • 夕涼み

活用アイデアは無限に広がりますね。

外壁屋外照明(1万円~)

ウッドデッキを設置するなら、ウッドデッキ周りにおしゃれな外部照明をつけておくのはおすすめです。

照明があることにより、夜もウッドデッキで過ごせます。

部分レンガ・タイル貼り(1万円/㎡~)

たとえば玄関周りだけテラコッタのレンガ貼りにするなど、一部取り入れるだけで家の格調が高くなります。

 

イメージするレンガやタイルを選ぶことにより、簡単に南仏風、イタリア調、など理想とする海外のイメージが取り入れられるのです。

防犯カメラ(1万円~)

防犯カメラのオプションは自分で後付けも可能でしょう。

しかし、家を建てる際に設置をプロに任せれば、配線を上手に隠すなどプロの仕事をしてもらえます。

花壇・フラワーボックス

門から玄関までの間などに、花壇を設置しておくのもおすすめです。

季節の花を植えたり、お気に入りの樹木を植えたりできます。

 

フラワーボックスは通りに面した2階のベランダに設えておくと、窓辺を華やかに演出可能です。

バス | トイレ

バスやトイレにも取り入れたいオプションは多数あります。

浴室暖房乾燥機(10万円~)

浴室暖房乾燥機には次のようなメリットがあるためおすすめです。

  • お風呂に入った時に寒くない
  • 雨の日でも洗濯物が乾く
  • 浴室のカビを防ぐ

浴室暖房乾燥機には、電気タイプとガスタイプがあります。

ミストサウナ(10万円~)

お風呂でゆっくりくつろぎたい場合には、ミストサウナのオプションがおすすめです。

ミストサウナには以下のような効果があります。

  • 発汗促進
  • 保湿効果
  • リラックス効果
  • 浴室あたため

 

物干し(1万円~)

浴室や洗面所に備え付けの物干しをつけておくと何かと便利です。

できれば、使わない時には収納できるタイプがおすすめ。

こだわりの浴槽(15万~)

浴槽にこだわりたいなら、オプションでランクアップするのが良いでしょう。

こだわりの浴槽には次のような種類があります。

  • お掃除がラクな人工大理石
  • 高断熱浴槽
  • ジェットバス

 

高機能シャワーヘッド(数千円~)

機能にこだわったシャワーヘッドを採用するだけで、以下のような期待する効果が得られます。

  • 手元ボタンで切り替えができる
  • 節水シャワー
  • 美肌効果
  • マッサージ
  • オーバーヘッドシャワー

 

玄関

玄関にもオプションをつけておくと、便利なものはたくさんあります。

スマートキー(3万円~)

近年は、玄関のカギにスマートキーが浸透してきました。

いちいちカギを差し込む必要がないため、スマートに鍵の開閉ができます。

ミラー(2万円~)

玄関に全身が映る姿見は必須と言っても過言ではありません。

なぜなら、その日一日のファッションは靴を履いて完成するからです。

洋服だけキメても靴が合っていないと、残念な装いになってしまいます。

そんなことにならないために、玄関には足元まで映る鏡を設置しておくのがおすすめです。

コンパクト手洗い(2万円~)

これまでは考えられなかったことですが、玄関に小さな手洗い場を設置するオプションです。

2020年の新型コロナウイルス感染拡大により、手を洗うことが必要不可欠な時代へとなりました。

 

外出先から帰宅した際に、家に入ったところで手が洗えれば家の中へウイルスを持ち込むことが最小限に留められます。

 

そこで、玄関に手洗い場を設置する住宅も徐々に増えています。

おしゃれなデザインの洗面ボウルや蛇口を選択すれば、玄関にもマッチするでしょう。

掃除機

玄関の壁に備え付けの掃除機もおすすめ。

外出先から帰宅した際に、洋服に付着した花粉などを取り除けるからです。

 

新型コロナや花粉症など心配事が多い中、外出先から戻った際すぐに洋服についた花粉やほこりを掃除機で吸引してしまえば、家の中へ花粉を持ち込むことが防げます。

家づくりにこだわるならオプション選びは慎重に|ご相談はさくらまで

これから家を建てるなら、時代に即した家にしたいものです。

住宅購入時のオプション選びは、楽しい反面決めなければならない事がたくさんあって大変な作業になります。

 

自分の家に何が必要で何はいらないのか、これからの時代を生きていく家に必要なもの・不要なものを見極めて、家族全員が快適に安心して過ごせる家づくりを目指したいですね。

 

さくらならお客様のご要望に応じて、快適な家づくりをお手伝いいたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

さくらの注文住宅:さくら注文住宅ラインナップ

ご相談はこちらから:さくらお問い合わせ

 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン