Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 京都県  | 2021年3月14日

京都府M様邸 新築工事

目次
 

地鎮祭

本日、京都府M様邸の地鎮祭が行われました。

誠におめでとうございます!

今日のお天気は雨でしたが、地鎮祭の時に雨が降るのは縁起が良いとされているんです!!

「雨降って地固まる」という言葉を聞いたことありますよね^^

地面が雨で濡れると、乾いたときにしっかりくっつき、良い土地になると言われています。

なので雨の日は地鎮祭の最高の天気なんです!!!

雨が降り込む=『幸せが降り込む』『富が降り込む』という意味もあるそうですよ。

 

 

【地鎮祭】とは

土地の守護神様に許しを得て、工事の無事を祈る大切な儀式です。

家を建てる土地の四隅に青竹を立て、しめ縄で囲んで祭場をつくり、施主様や工事関係者が参列して行います。

お祓い、地鎮の儀、玉串奉奠などがあります。

 

 

式はスムーズな流れで進行していきました。

こちらは、四方清祓いの儀です。

神主様が、土地の四隅に行って清めている様子です。

建築する土地を祓い清めるのです(^^)/

次に、地鎮の儀ではお施主様が祭壇横にある盛砂を掘り起こして穴を開けます。

「エイ エイ エーイ!!!」という掛け声と共に、砂を掘ります。

始まる前に、神主様から手順を真剣に聞かれていた

お施主様。

しっかりとした掛け声で行われました!(^^)!

そして、鎮物を砂に埋めます。

鎮物とはいったいどんな物でしょうか??

昔に宝物であったという意味で、人形、盾、矛、小刀子、長刀子、鏡、水玉の七種が入っていて、地面の神様にお供えするという意味だそうです。

鎮物は、基礎工事の際に地面に埋めます!

これからの工事の安全、完成してからのお施主様の生活を見守ってくださいます(^-^)

こちらは、玉串奉奠です。

奥様とお母様も行われましたが、初めての儀式に少し緊張されたのではないでしょうか(^^)

無事式を終えられ、ご家族のお写真を撮らせていただきました♪

いよいよ本格的な工事が始まります!!

スタッフ一同、一丸となってお施主様とご家族の思いが詰まったマイホーム造りのお手伝いをさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

 
 
  • 他のさくらの施工事例を見る
  • さくらのイベント情報随時更新中!
  • モデルハウス・ギャラリー来場のご予約
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン