Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 富山県  | 2021年3月16日

富山市 BV様邸新築工事

 

気密性と断熱性の両方を備えた住宅

高気密・高断熱住宅

高気密住宅とは在来工法(木造軸組工法)で建てられた木造住宅のことで、
精度の高い建築部材や断熱材、気密材などを使って壁や天井、窓などの隙間から風が
入りにくい作りになっています。
また、高断熱住宅とは外壁と内壁の間に断熱材を使ったり、断熱窓を採用したりするなどして
断熱性能を高めた住宅のことを言います。

高気密で断熱性の高い住宅では、外の暑さや寒さの影響を受けにくくなります。
冷暖房効率が良いため一年中快適かつ経済的に暮らせるのが大きなメリットと言えます。

吹き付け断熱材「アイシネン」

高気密・高断熱住宅は、さくらの得意分野です。
断熱材施工の建築現場をご覧ください。
こちらは、吹き付け断熱材「アイシネン」の施工を終えた様子です。
吹き付けた瞬間100倍に発砲し、壁だけでなく屋根裏・床下まで施工し、
隙間なく包み込み、熱エネルギーの損失を防ぎます。
外気温に左右されない住宅を作り上げることで、家中の温度差を少なくなり、
ヒートショックなどのリスクを軽減が図られます。
この「アイシネン」は、施工後、経年劣化を起こすことはなく、
変形・劣化する心配もないため、生涯品質保証がされている優れた断熱材です。

部屋の壁や天井となるプラスターボード

断熱材施工後は、部屋の壁や天井となるプラスターボード張りです。
この建材は、石膏を芯材として、その両面と側面をボード用紙で覆ったもので、
耐火、防火、遮音、断熱性能があり、室内の仕上の下地材として使用されます。
このプラスターボードは、別名、石膏ボードとも呼ばれ、一般的には見えないところで使用されているので、
あまり馴染みがないかもしれませんね。
壁、天井、床を構成するうえで重要な建材です。
プラスターボードを施工すると、はっきりとした間取りを確認するこができ、各居室のイメージが膨らみます。
今後は、プラスターボードにパテという充填剤を継ぎ目に塗り込み、表面を平らにしてからクロスが貼られてます。

 
 
  • 他のさくらの施工事例を見る
  • さくらのイベント情報随時更新中!
  • モデルハウス・ギャラリー来場のご予約
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン