Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>
 
 
施工日誌  | 富山県  | 2021年9月27日

富山市 CJ様邸新築工事

基礎工事着工!!

必ずお住まいを建てる前に、スクリュードライバーサウンディング試験を行い、
建築地となる地盤の地耐力を明らかにするため、地盤調査を行わせていただきます。

土地の地盤強度が不足していると、建物の重さによる不動沈下によって建物が傾き、
基礎や外壁に亀裂が発生したり、室内の建具などが開きにくくなるといった不具合が
生じることがあります。
そうならないために厳密な地盤調査を実施することで、地盤改良工事の有無を検討します。
地盤地耐力の強化が行われますと、その後は、強固な基礎づくりへと取り掛かります

こちらは、工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業で丁張りを終えた現場の様子です。
基礎の配置確認と位置決めは、着工段階でとても重要な作業となります。

 

現場では、ベタ基礎が仕上がっていました。
弊社が採用している”ベタ基礎”についてご紹介させていただきます。

”ベタ基礎”は、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎を指し、
家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えています。
また、地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなるというメリットもあります。

 

この後、完成した基礎の立ち上がりの上部に、床下換気口の代わりとなる「基礎パッキン」を設置して、
その上に「土台」や「大引」と呼ばれる木材を設置していきます。

初めての家づくりでは、工事工程、作業手順も興味津々となりますね。

この後、待ちに待った上棟が繰り広げられます!!

 
 
  • 他のさくらの施工事例を見る
  • さくらのイベント情報随時更新中!
  • モデルハウス・ギャラリー来場のご予約
 
この記事をシェアする 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン