DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 富山県  | 2020年10月30日

射水市 I様邸新築工事

 

現場の様子

丁張り~基礎工事~土台敷き

さくらでは、最新の情報を入手し、調査のもと優良な土地を厳選して仕入れています☺
お客様の建築地が定まりますと建築・設計士による現地調査が行われ、検討を重ねて設計プランができあがっていきます。
マイホームプランを練ることは、注文住宅の醍醐味ですね♪
地盤調査の結果、問題ないと判断されればすぐに着工し、改良が必要と判断された場合には、状況に応じた地盤改良工事が行われます。

更地であった土地が時間と共に様変わりし、現場風景がどんどんと立体へと変わっていきます。
こちらは、上棟当日の様子です。
上棟は、現場で建物の主要な構造材を組み立てることを指し、土台の上に柱を立て、梁で柱と柱をつなぎ、その次は、2階の柱を立て、梁で柱と柱をつなぎます。
小屋梁に小屋束を立てて母屋を上げていき、一番高い所にある棟木を上げ、上棟完了となります。

ご覧の通り、上棟の工程は、たった1日で建物の全景が現れ、言わば花形工事です♪
「木造の建物はこんなに早くできるのかな?」と感じますが、これからが本格的な木工工事で手間ひまかけて行われていきます。
図面上の平面だったお家が立体となり、感慨もひとしおですね☺

現場内部の様子

上棟から7週程経過した現場の様子です。
外壁も施工されて完成がイメージできますね。
内部では、まだ大工工事がコツコツ進められています。
断熱材は、人にやさしい高気密、高断熱材であるアイシネンを採用いただきました。
アイシネンは、現場発泡方式で、ミクロのフォームがあらゆる隙間に充填され、特殊な気泡構造によって、
空気の気密断熱層を形成するため、常に乾燥状態を維持し、湿気や結露をシャットアウトする特徴があります。
その断熱材の上に、部屋の壁となるプラスターボードがはられ、間取りが明確になってきました。
プラスターボードにクロスがはられますと、いよいよ居室らしく整ってきます☺
また現場の様子をお伝えします!

 
 
この記事をシェアする 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン