Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 京都県  | 2021年2月7日

福知山市J様邸 新築工事

目次
 

地鎮祭

この度、ご縁がありましたJ様邸の地鎮祭が執り行われました。

本日は誠におめでとうございます^^

地鎮祭の前日に雪が降り、寒さ厳しい朝となりました。

 

地鎮祭は、建物を建てる際に

工事の安全と無事完成をお祈りする儀式です。

「鎮」という漢字が「鎮める」「落ち着かせる」という意味を持つ通り、これから工事を始め建物を神様に承諾してもらう意味も持ちます。

地鎮祭は、式次第によって進められます。

式が始まり、神主さんの声が響くと身が引き締まります!!

 

こちらは、四方清祓の儀です。

神主さんが、土地の四隅に行ってお清めします。

 

お施主様による儀式の様子です。

地鎮の儀は、弥栄を願い「エイ!エイ!エーイッ!!」と3回声をかけて祭壇横の盛砂をお施主様が砂を掘り起こし起工の意味を表します。

次に神主が鎮め物を掘り返した場所に据え、安全を祈念します。

最後に施工者がその土地をならすという意味で、鎮め物に砂をかぶせます。

一般的に、「鎮め物」の中には、昔に宝物であったという意味で、人形、盾、矛、小刀子、長刀子、鏡、水玉の七種が入っていて、地面の神様にお供えするという意味だそうで、神様への貢ぎ物ですね。

鎮め物は、基礎工事の際に地面に埋め込みます(^^)/

 

そして、玉串奉奠を行います。

玉串を神様に捧げてお祈りする儀式です!

お施主様も奥様も初めての儀式に少し緊張されたのではないでしょうか(^^)

式は無事終了し、ご夫婦の素敵な写真を撮らせていただきました♪

そしていよいよ着工となります。

 

スタッフ一同、一致団結して完成に向け精一杯務めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン