Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 岐阜県  | 2020年8月10日

海津市A様邸新築工事

 

完了いたしました♪

完成いたしましたA様邸の新築工事現場へ行って参りました。
外観は人気のボックス型デザインにモノトーンカラーでお洒落です(*^^)v

LDKを紹介いたします。
人気の対面キッチンを採用されました(^-^)
広々とした作業スペースを確保できるキッチンは、お子様と一緒にお料理が出来ますね☆
リビングでお子様が居ても、お料理しながら様子が見れて安心ですね!

リビングに併設して、和室をご用意なさいました。
お客様をお招きしたり、ご家族が寛げる空間として大活躍しそうです。

水回りは、施主様のライフスタイルに合わせた動線を考慮し、間取りをお作りいたしました(^-^)
洗面脱衣室→サンルームからLDKに繋がってお水回りは、施主様のライフスタイルに合わせた動線を考慮し、間取りをお作りいたしました(^_-)-☆
洗面脱衣室→サンルームからLDKに繋がっております。
家事動線だけでなくご家族の使い勝手も考えられている間取りとなっております♪

サンルームには、アイロン台を設置いたしました。洗濯物を干して、そのままアイロン台でたたんだりアイロンをかけたりすることが出来て便利ですね(*^^)v

これより、2階をご紹介いたします!

お子様のお部屋のクロス、アクセントで1か所だけ違うクロスにするだけでお部屋の雰囲気が変わりますね♪♪

主寝室には、ウォークインクロークが大容収納を完備しております。ご家族で共有できるスペースを確保しておりますので、大きい荷物でも収納が出来ますね(^_-)

注文住宅は、ライフスタイルに合わせて、自由設計、自分好みの空間を実現!!
個性豊かなオリジナリティ溢れる住まいが完成しました。

家づくりをさせていただき本当にありがとうございました。
これからも安心してお過ごしいただけるように、住まいに役立つ情報、
生活に喜んでいただける情報、身近になってお手伝いさせていただきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

木工事中の現場にやって参りました♪

吹付け断熱材”アイシネン”。

上棟を終え、サッシがはめ込まれ、お家の形になってきましたね(^^♪
木工事がひと段落すると、断熱材の施工になります。
施主様に採用いただいたのは、当社のお客様より大変ご好評いただいている吹付け断熱材”アイシネン”。
吹付する際に、窓や柱などについてしまわないように養生をします。
冬の寒いが厳しいなかで快適に過ごせるように生まれた断熱材!!
”アイシネン”は無数の気泡で形成され、冬の寒い空気だけではなく、夏の暑い空気の侵入も防いでくれます。
高気密・高断熱で省エネな住まいには欠かせませんね(^-^)
断熱材の中で唯一、生涯品質保証を約束しています!

制振装置「3M木造軸組用摩擦ダンパー(FRダンパー)」

お住まいの方の大切な生命、財産を地震から守るために、従来の耐震構造に加えて3Mが開発した木造軸組用摩擦ダ

ンパーは、地震のエネルギーを吸収し、揺れを小さく、早く抑えることが可能となります(^_-)-☆

建築基準法で定める範囲を超える想定外の大地震や繰り返し起こる大きな地震に対して、住宅の安全・価値を守る

新しい技術なのです!!

木工事と並行して進められていた外壁工事も進んでおります(^_-)-☆

モノトーンでスタイリッシュな外観デザインが印象ですね。

中ではプラスターボードが貼り進められております☆

プラスターボードとは・・・

比較的熱伝導率が低いので、冬は室内の暖かさを外に逃さず、夏は外の熱気の侵入を防ぎ、冷暖房の効率を高め

て快適な室内環境にしてくれます。

ボードで各スペースが仕切られるので、貼り終える頃には間取りを確認出来るようになっているのです(^^♪

次回は完成をお届けいたします☆お楽しみに(*^_^*)

基礎工事の現場にやって参りました♪

木造住宅で一般的となっている基礎が「ベタ基礎」です。

ベタ基礎とは・・・

立ち上がっている部分と床一面を、鉄筋を入れたコンクリートで一体化して、大きな面で家の重みを支えていま

す。ベタ基礎は先述の通り、まず耐震性を高めやすくなります。また、床下の地面をすべて厚いコンクリートで

覆うので、湿気が建物に伝わりにくくなります。そのため湿気による住宅の木材の腐食等の心配も減ります。さ

らにコンクリートも厚いのでシロアリによる被害も防ぎやすくなります(^_-)-☆

基礎工事が完了しましたら、次は建物本体の骨組みとなる建て方工事に進みます。

まず最初は、土台敷きと呼ばれる工程です。

完成した基礎の立ち上がりの上部に、床下換気口の代わりとなる「基礎パッキン」を設置し、その上に土台や大

引と呼ばれる木材を設置していきます。

いよいよ上棟を迎えます。

木材建築で柱や梁などを組み建てて、屋根の一番上の木材である棟木を取り付けるときのことを言います。

地域によっては「棟上げ(むねあげ)」「建方(たてかた)」「建前(たてまえ)」とも言われこともあります。

高いところの組みたてになるため、上棟ではクレーン車を呼んで一日がかりの作業になります(^^)/

基礎の平面の状態から、柱や屋根が出来て立体的になっていく様子がご覧いただけました(*^^)v

夕方には、上棟が完了!!

これより、本格的な木工事が始まります♪♪♪

また、ご報告させていただきます。

 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン