Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 富山県  | 2021年3月13日

富山市 BY様邸新築工事

 

プロヴァンス風の可愛いお家が完成しました♪

プロヴァンス風外観

家の第一印象を大きく左右する外観は、瓦屋根が特徴的なプロヴァンス風♪
「かわいらしさ」や「ナチュラルな雰囲気」が感じられる魅力的な外観です。

褐色の屋根瓦と白い壁との色彩のコントラストに左右対称な様式美シンメトリーが
優しい印象です。

システムキッチンカラー

ママが主役の毎日使うキッチンは、大人かわいいピンク色でコーディネイトなさいました♪
ママの大好きなカラーでまとめてそこにいるだけで心がワクワクする場所に。
キッチンは家事の重要拠点。お料理も片づけも楽しくなるこだわりのスペースです。

トイレ空間

新築のトイレは、おしゃれかつ使い勝手をよくするために1階だけでなく
2階にもトイレを設置なさいました。
家のなかにトイレがふたつあると、忙しい朝でもトイレの順番を待つ回数が少なくなるメリットがあります。
トイレの種類や機能もさまざまありますが、限られた空間でも、タンクに手洗い器がついている
トイレ空間のスペースを圧迫しない「タンク一体型トイレ」に。
トイレの使用後にすぐに手が洗えて便利です。
壁紙を変えることで、1階と2階では、全く異なった雰囲気に。
1階トイレは、ハートのクロスがラブリーでめちゃくちゃキュートなトイレ空間です♡

 

家づくりのテーマ、こだわりたいポイントが必ずあるはずです。

株式会社さくらでは、お客様の要望に丁寧に寄り添い、理想の住まいを作るお手伝いをさせていただきます。

注文住宅は、ライフスタイルに合わせて、自由設計。
オリジナリティ溢れるお住まいが実現しました。

家づくりをさせていただき、本当にありがとうございました。
これからも安心してお過ごしいただけるように、長期にわたってサポートさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

工事工程

丁張り~基礎工事

大まかな工事経過を時系列画像でご紹介させていただきます☺
まず、丁張りです。これは、工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業を行い、
重要な基礎の配置確認がなされます。
次に砕石の上に防湿シートを敷き詰め、基礎の外周部などにコンクリートを流し平らに均す工程です。
鉄筋コンクリートの引張強度を担う、鉄筋を組む工程を経て、基礎の立ち上がり部分のコンクリート打設に移ります。
その後は、コンクリートの強度が出るまで養生し、コンクリートの強度が出たら、いよいよ型枠ばらしです。
基礎、コンクリート土間の強固なベタ基礎の完成となります。
日ごとに変化する着工現場です。
少しでも建物を建てる工程や流れの参考になれば幸いです♪

土台敷き~上棟~木工事

次の工程は、土台敷きです。基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく作業で、
住宅の骨組みとなるとても大事な工程です。
基礎工事が完了したら、次はいよいよ建物本体の骨組みとなる建て方工事に移ります。
棟上げで大まかな骨組みが完成した翌日からは、建物内部の木工事の工程に移ります。
改めて、数多くの木材が使われていることを再認識できますね。

棟上げの工程ではたった一日で建物の全景が現れ、そのスピードに驚かされますが、
木工事は、細かな作業も多くほとんど一人の大工さんで黙々と進められるため、
目を見張る早さで工事工程が進むわけではありません。

現場に足を運ばれる機会がありましたら、どんな工程が進んでいるのか現場の細かな点にも
ご注目ください。

地鎮祭おめでとうございます♪

秋晴れに恵まれて、青空におめでたい紅白幕がとても印象的です。
2020年夏に執り行われました地鎮祭の施主様は、暑さに耐え汗を拭っての安全祈願祭でしたが、
9月に入り、秋風が心地よく爽やかな開会の儀となりました。

地鎮祭とは、文字通り「地を鎮めるお祭り」で、土地の神様に対し「ここに家を建てさせてください」とお願いするものです。

『日本書紀』にも記録されている神事として現代まで長きに渡って引き継がれています。

こちらは、地鎮祭当日の様子です。
テントの四方に青竹を立て、縄を張ったところに紙垂(注連縄についているひらひらした紙)を
垂らして決壊をはって聖域を作りました。
祭壇、紅白幕、盛砂も用意され、あとは施主様のご到着をお待ちするだけです。

左右の画像は、まるで間違い探しのようですが、㊨上が完成した祭壇です。
施主様と弊社さくらの奉献酒がお供えされてスタートです。

地鎮祭は、次の手順で行われます。
清め祓い→お供え物の献上→祝詞→四方祓い→地鎮の儀→玉串の奉奠→お供え物の撤収→お神酒の乾杯。

神々が降臨するのは清め祓いの後で、神職様が「おーー」と声を上げられます。
これは、神様が降臨されるので失礼のないようにという合図の声です。
また、神様がお戻りになるのは、お供え物を撤収した後、この際にも「おーー」の声があげられます。

なんだか難しく感じられますが、所作については、地鎮祭当日、神職様よりご説明がございます。
どうぞ、ご安心ください。

地鎮祭終了後には、敷地にどのように建物が建つのか、配置の確認を行わせていただきます。
建物の位置をイメージしやすいよう、地縄が張られています。
地縄とは、建物の配置が分かるように、基礎の外周に縄やロープなどを使って印を付ける工程です。

最後は、最寄りのさくらモデルルームをご見学いただき、マイホームへの夢をさらに高めていただきました☺

 
 
  • 他のさくらの施工事例を見る
  • さくらのイベント情報随時更新中!
  • モデルハウス・ギャラリー来場のご予約
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン