Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

DIARY

施工日誌
 
 
施工日誌  | 石川県  | 2020年9月28日

野々市市 CO様邸新築工事

 

野々市市にてCO様の地鎮祭が執り行われました(^^)/

地鎮祭は、一般的に「ぢちんさい」や「ぢまつり」といっていますが正しくは、「とこしずめのまつり」と訓みます。
当日はあいにくの雨でしたが
「雨降って地固まる」や「火消し」等の言われがあり地鎮祭の雨は縁起が良いとされています。
天気は悪くとも、施主様が心待ちにされていた地鎮祭。心はもちろん晴れやか☀です(^^)/
施主様と弊社の担当が打ち合わせを重ねて作り上げてきたお家の工事がいよいよスタートするのです♪

地鎮祭はお願いする神社様や地域によって様々ですが大まかな流れは以下のようになっています(^^)/☆

開式の辞

▶文字通り、祭典を始める旨を告げます。

修祓

▶神職が神前に於て祓詞(はらいことば)を奏上し、大麻(おおぬ さ)ですべてを祓い清めます。

降神

▶神籬に神様をお招きする儀式です。

献饌

▶神前にお供え物をする儀式です。

祝詞奏上

▶神職が神前に工事の安全を願って祝詞を奏上します。

四方祓

▶敷地の四隅と中央を祓い清め
供え物をして土地の安全を願います。

地鎮の儀

▶刈初の儀と鍬入れの儀を行います。
お願いする神社様によって刈初をするのが
施主様なのか施工業者なのか変わります。
一般的には刈初が施主様と言われております☆

玉串奉奠

▶玉串は工事の無事安全を祈って、その心を神に捧げるものです。

撤饌

▶神籬にお招きした神様にお帰りいただく儀式です。

それでは地鎮祭の様子を少しだけご紹介します🙋♪

こちらは四方祓いの様子です。
雨がひどかった為すべての儀式を
テント内で執り行う事となりました。
このようなハプニングも自然ならでは!(^^)!
思い出深い地鎮祭となりました🍂

こちらは地鎮の儀です。
今回は弊社が刈初の儀を行わせていただきました。
そして施主様は鍬入れの儀です(^^♪
玉串奉奠もそうですが地鎮祭は
施主様にとってはご経験もない儀式が多いと思います。
神主様が地鎮祭開式前に、施主様へ向けて
一通りの流れと共に所作も教えて下さいましたので
「えい!えい!えーい!」と自信に満ちた声が響き渡りました☆

地鎮祭を無事終えました事、誠におめでとうございます☆
これからついに工事が始まります。
並行してまだまだ打ち合わせも続きますので
素敵なお家つくりを施主様と共につくり上げていきたいと思います♪

また工事の進捗状況をお伝えしていきますのでお楽しみに(^^♪

 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン