NEWS

新着情報
 
 
新着情報  | 石川県  | 2020年11月19日

白山市 V様邸新築工事

目次
 

●地鎮祭

はじめに、地鎮祭についてご説明します(*^^*)
新築を予定する土地が昔何であったか、どんな因縁の土地であるかはなかなか分からないものです。
そのような土地をお祓いにて浄化することによって、工事中のみならず、その土地に住んでからも、事故や病など災いや不幸に合わないよう願うのが地鎮祭なのです☆

式では、神職様を迎えし、お祓いを受けます(^^)
建築する場所の中心、四方に忌竹を刺し注連縄をめぐらした祭場を設け、神籬という神様の依り代を立てます♪
神事では土地の神様を祀り、神前にお供えをして、無事に工事が行われるよう祈るとともに建物や家の繁栄を祈る祝詞が奏上されます。
お祓いにて土地を浄めた後、施主様や建築工事関係者が鍬や鋤を入れ、続いて玉串を奉り神様のご加護を願うのが一般的な地鎮祭の流れになります(*^^*)

秋らしい気持ちの良い天気に恵まれて、ご夫婦とご両親が参加くださり、和やかに行われました♪
本日は、地鎮祭おめでとうございます(#^^#)
厳かな雰囲気の中、式は進められます。

こちらは、 四方祓いの様子です(^^)
祓はらいの行事であり、「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」と称して、祭場四方の敷地を大麻で祓ったり、米・塩・半紙を切って作った切麻(きりぬさ)などを撒き、祓い清めます。

続いて、地鎮の儀となります♪
「刈初の儀」「穿初の儀」「鎮物物埋納の儀」と順に進められます(*^^*)
起工の行事であり、「刈初の儀」(かりぞめのぎ)・「穿初の儀」(うがちぞめのぎ)と称して、施主様・施工者が忌鎌(いみかま)・忌鍬(いみくわ)により、草を刈り、地を穿つ(掘る)所作をおこない、神様に工事の開始を奉告いたします☆
「エイ!エイ!エーーーーーイ!!!」と元気な掛け声と合わせて、動作をしていただきます(^^)
その後、神職様による「鎮物物埋納の儀」となります☆
神霊を和め鎮めるために鎮物の品を捧げて、工事の無事安全を祈念いたします。
土地の神に敬意をはらい、使用の許しを得て、工事の安全と生活の平安を祈願するという祭りの意味は、まさに日本人の生活習慣における伝統や信仰に基づいたものと言えるのです♪

無事地鎮祭を終え、これより建築工事が始まります♪
施主様ご家族のマイホーム作りが楽しく・思い出に残るよう精一杯サポートさせていただきます。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/

 
 
 
ご来場予約プレゼントキャンペーン